歯周病予防

歯周病について

「歯周病」とは、歯と歯茎の間にある歯周ポケットに歯垢(プラーク)がたまることで、歯垢中の歯周病菌に感染し歯茎の腫れや出血などの症状を引き起こす病気です。かつては「歯槽膿漏」とも呼ばれていました。
「歯周病」の症状が進行すると歯を支える周囲の顎の骨が溶け、歯がグラグラと動くようになり、最悪の場合、歯が抜けてしまうことがあります。現在「歯周病」は高齢になって歯を失う一番の原因であると言われており、さらには糖尿病や心疾患など全身への健康にも影響を及ぼすことが分かっています。

歯周病の自覚症状について

「歯周病」は「サイレント・キラー」とも呼ばれており、初期段階には痛みなどの自覚症状はほとんどなく、気づいた時には症状が悪化した後だったということも少なくありません。そのため、「歯周病」を予防するためには歯科医院で定期健診を受けることが重要です。

歯周病を予防するために

「歯周病」を早期に治療するためには、当然「歯周病」の発症を早期に発見する必要があります。しかし「歯周病」の初期段階にはほとんど自覚症状がないため、早期発見には歯科医院での定期健診が欠かせません。

現在、20歳を超えた成人の8割が、「歯周病」にかかっていると言われています。しかし早期に治療すれば、歯を削ったり抜いたりすることなく治すことも可能です。「歯周病」予防のためにも、そして末永くご自身の歯を健康な状態に保つためにも、定期的に歯科医院にて健診を受けられることをおすすめします。歯の違和感がある方はささいなことでも大丈夫ですので、寝屋川市の当院までご来院下さい。

歯周病を予防するために

「歯周病」を早期に治療するためには、当然「歯周病」の発症を早期に発見する必要があります。しかし「歯周病」の初期段階にはほとんど自覚症状がないため、早期発見には歯科医院での定期健診が欠かせません。

現在、20歳を超えた成人の8割が、「歯周病」にかかっていると言われています。しかし早期に治療すれば、歯を削ったり抜いたりすることなく治すことも可能です。「歯周病」予防のためにも、そして末永くご自身の歯を健康な状態に保つためにも、定期的に歯科医院にて健診を受けられることをおすすめします。

当院の歯周病予防

「歯周病」予防として、当院では「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning ※歯科医による専門機器を使用した歯のクリーニング)」「歯石除去」「定期健診」などの治療を行っております。それぞれ「歯周病」予防に対してとても効果がありますので、是非一度、寝屋川市の当院で受けて頂いてはいかがでしょうか。

このうち特に「定期健診」は「歯周病」予防に非常に効果的です。「定期健診」はご自宅でのブラッシングだけでは除去することのできなかった汚れを落とすともに、患者様にご自身のブラッシング方法を振り返って頂く機会でもあります。
当院では「定期健診」にいらっしゃった患者様に対して、口内をきれいにクリーニングするとともに、「どの部分に磨き残しが多いか」ということをご説明した上で、適切なブラッシング方法を指導させて頂きます。

またお口の中の細菌を確認させて頂くため、位相差顕微鏡をご用意しております。これを使うことで、「今、お口の中にどれくらい細菌がいるのか?」また「治療により、どのくらい細菌が減ったのか?」といったことをご確認頂けます。歯の病気が悪化する前に寝屋川市の当院にご来院下さい。